配偶者ビザの必要書類

法務省のホームページより、配偶者ビザの必要書類が案内されています。当事務所では、案件に応じ、申請の際にあらかじめ任意で提出書類を追加することにより、入管からの追加書類の請求を回避し、審査に要する日数をできる限り短縮できるように準備をいたします。さらには、必要に応じて申請理由書や事情説明書などを別途作成し、許可になる可能性を高めていきます。

基本書類

下記は、法務省ホームページより案内されている基本書類になります。

1 申請書

  • 在留資格認定証明書交付申請書(タイからタイ人配偶者を呼び寄せる) ⇒ エクセル PDF
  • 在留資格変更許可申請書(日本に在住のタイ人と結婚する場合) ⇒ エクセル PDF
  • 在留期間更新許可申請書(日本在住のタイ人が日本人と離婚後、別の日本人と再婚するケース) ⇒ エクセル PDF

2 写真(縦4cm×横3cm) 1葉

  • 申請前3か月以内のもの

3 配偶者(日本人)の方の戸籍謄本(全部事項証明書) 1通

  • 申請人との婚姻事実の記載があるもの。
  • 婚姻事実の記載がない場合は、戸籍謄本および婚姻届出受理証明書を提出。
  • 発行日から3か月以内のもの

4 申請人の国籍国(外国)の機関から発行された結婚証明書 1通

  • 日本先行の国際結婚の場合は家族状態登録簿(家族身分登録書)と日本語訳、タイ先行の国際結婚の場合は婚姻登録証の写しと日本語訳が必要。
  • 配偶者ビザ申請をご依頼いただいた場合は、家族状態登録簿(家族身分登録書)又は婚姻登録証の日本語翻訳業務を無料で承ります。
  • タイ国外務省にて認証済のタイ語証明書と英語訳があればベストです。

5 配偶者(日本人)の住民税の課税(又は非課税)証明書及び納税証明書(1年間の総所得及び納税状況が記載されたもの) 各1通

  • 発行日から3か月以内のもの

6 配偶者(日本人)の身元保証書[PDF] 1通

  • 身元保証人は日本に居住する配偶者(日本人)がなります。

7 配偶者(日本人)の世帯全員の記載のある住民票の写し 1通

  • 個人番号(マイナンバー)については省略し、他の事項については省略のないもの。
  • 発行日から3か月以内のもの

8 質問書[PDF] 1通

  • 質問書は最重要書類です。当事務所では、質問書の記入・作成には最大限の注意をもって対応しております。

9 スナップ写真(夫婦で写っており、容姿がはっきり確認できるもの)2~3葉

  • 2~3葉では特別なケースの除き、夫婦の交際状況を説明するのには不十分と当事務所は判断しています。

10 【在留資格認定証明書交付申請のみ】返信用封筒(定形封筒に住所を記載し、404円分の切手(簡易書留用)を貼付)1通

11 【在留資格変更・在留期間更新のみ】パスポート 提示

12 【在留資格変更・在留期間更新のみ】在留カード 提示

参照リンク先(法務省ホームページ)

在留資格認定証明書交付申請

在留資格変更許可申請

在留期間更新許可申請

任意で提出する書類の一例

  • タイ人配偶者の履歴書
  • 日本語能力を証明する書類
  • 大学・専門学校の卒業証明書、成績証明書
  • 日本語学校の成績証明書・出席率証明書
  • 主たる生計維持者の源泉徴収票の写し
  • メール・SNSのやり取りの写し など