申請取次行政書士とは

申請取次行政書士とは、出入国管理に関する一定の研修を受けた行政書士のことであり、本人に代わって出入国在留管理局に申請書類を提出し、審査結果を受領することができる行政書士のことです。

当事務所代表行政書士は、所属の東京都行政書士会を通して東京出入国在留管理局に申請取次行政書士の届出を行っております。

日本に在留する外国人は在留資格に係る申請を行う際、外国人本人自ら出入国在留管理局に出頭して申請書類を提出しなければなりません。

申請取次行政書士は、在留資格認定証明書の交付、資格外活動の許可、在留資格の変更、在留期間の更新、在留資格の取得、永住許可、再入国の許可、就労資格証明書の交付等の各申請を外国人本人に代わって申請することができます。

申請取次行政書士が申請人本人に代わり申請を行うことにより、申請人本人は出入国在留管理局への出頭が免除されるので、仕事や学業に専念することができます。とくに東京出入国在留管理局は年中大変混み合っており、申請・結果受領についてそれぞれ数時間待ちを余儀なくされます。

申請取次行政書士は入管法や国籍法などの諸法令に精通し、多くの申請を経験している国家資格者であり、独自のノウハウを持っている入管申請のスペシャリストです。

とりわけ、下記のようなイレギュラー案件、入管法令等の深い知識を要する案件であればあるほど申請取次行政書士の力が発揮されます。

  • 過去に不許可になったケース
  • 過去にオーバーステイ等の入管法をはじめとする法令違反があるケース
  • 収入が著しく低いケース
  • 離婚歴が複数あるケース
  • 夫婦の年齢差が大きい
  • 結婚仲介業者や出会い系サイトを通して知り合った
  • その他詳細な事情説明が必要なケース

 

東京出入国在留管理局届出済申請取次行政書士:(東)行13第296号
深田 秀樹